MENU

看護師バイトとして復職した体験談

5年以上、総合病院で看護師として働いてきましたが、あまりにも激務が続き、とうとう体を壊してしまった私。結局、一度退職し、その後は、看護師バイトとしてもう一度看護師の仕事を続けて行く事にしたのです。

 

正社員に比べ比較的、楽な働き方を選ぶ事ができる看護師バイト。その中でも、私は、総合病院の外来勤務が希望でした。外来勤務だと夜勤などもなく、普通の日勤のみで働く事ができます。なので、体の弱っている私には、良い働き方だと思ったのでした。

 

そして、実際その看護師バイト先を探す方法として選んだのが、ネットで簡単に登録する事ができる看護師求人サイト。この方が、色々な病院から勤務先を選ぶ事ができると思ったからです。

 

看護師求人サイトに登録し、まず、正社員ではなくバイト勤務という事を第一条件で探す事にしました。人手不足の看護師という事もあり、バイトでも十分の求人数があって、正直驚きました。また、自分が持っている資格のありがたみに、ついてもつくづく考えさせられたのでした。数多くあった、看護師バイトの求人数でしたが、実際、自宅からの距離や条件などを考えると数件になり、その中で一番評判の良さそうな病院に決め、バイトを始める事に。看護師求人サイトから、その病院の情報、紹介して頂け、面接などの日程なども調整頂けました。
コンサルトさんとの面談は、選ぶ参考にもなり、失敗することなく楽しく仕事を続ける事ができています。

 


看護師バイトなど非常勤からの復帰

看護師として働いていて体調を崩して休職や退職された方も多いと思います。
結婚や出産以外での看護師の退職理由として多いのが体調不良や病気などです。

 

体調を崩して看護師を辞めた方の中には仕事を辞めて比較的短期間に、体調が良くなる方も多く、仕事でのストレスや激務による体調不良というケースも少なくありません。

 

このような場合は、看護師として復帰した途端に再発する方も少なくなく、看護師して復職すること自体が難しいという方も居ると思います。
そのような看護師さんに働き方を変えてみてはいかがでしょうか?
看護師として働く以上、仕事内容や人間関係など避けられない面はありますが、就業時間を少なくすることで体への負担を減らすことで、精神的な負担も減らすことが出来るのではないでしょうか?

 

実際、看護師として常勤で働いている方で体調に不安が有った方が、看護師バイト、非常勤で働くことで、体調の不安が解消された方はたくさんいます。
頑張りすぎない働き方も必要ではないでしょうか?

 

金銭的、給料的には、減少しますが、精神的にも肉体的にも長く働けることを選ぶ方が、将来的にプラスになることも少なくありません。
体調を崩してもとに戻らない方も多いことを考えると無理して働くよりも、自分に合った働き方を選ぶことも必要だと思います。