MENU

夜勤専従看護師バイトの高時給

夜勤で働くことを嫌がる方が多いので夜勤専従看護師の報酬、時給は高いのですね!
人の嫌がることをする、このような仕事は、報酬、給料が高い仕事になることがほとんどです。

 

夜勤だけ働く看護師、夜勤専従看護師のアルバイトも人が嫌がる仕事、働き方です。その為、夜勤の看護師バイトの時給は、日勤に比べて高く、時給換算で時給1800円以上、日給換算で日給20000円から30000円の募集が多くあります。

 

また、夜勤専従看護師は、時給以外にも休みが多く、出勤日数が少ない割りに給料は普通に稼ぐことが出来ます。しかし昼と夜の生活の逆転は、慣れるまで睡眠などの悩む方も居るようですが、常勤で看護師と働いた際にも月に144時間以下の夜勤をすることになりますね!
昼の勤務と夜の勤務で生活リズムに悩む看護師さんも多く、日勤だけで働ける職場への転職を考える方も多いと思います。
日勤だけの看護師の仕事も良いのですが、夜勤だけ、夜勤専従の看護師も夜勤だけで生活リズムも慣れれば、日勤、夜勤で働くよりも楽に感じる方も多く、勤務時間、勤務日数も少なく、夜勤明けは休みになるなど、時間的にも楽になる方も多いそうです。

 

しかし、生活リズムや夜勤で働くことを嫌う方や夜勤の看護師の現場は、看護師さんの人数も限られ、仕事内容的には日勤とは比べられないほどハードな現場も多いことから、なり手が少なく、夜勤専従看護師求人は人手不足だと言えます。
人手不足=高報酬

 

夜勤専従看護師の仕事は、求人数も多く条件面や時給、報酬などたくさんの求人から探すことが出来るのも特徴で、自分の条件や希望する勤務地の仕事を探しやすいと言えます。
看護師求人サイトの検索窓で夜勤で検索すればたくさんの求人を見ることが可能だと思います。
夜勤専従看護師求人、夜勤専従看護師バイトの興味のある方、求人探しをされている方は、夜勤専従看護師の紹介に強い看護師求人サイトを選びましょう!
当サイトでも、夜勤専従看護師バイトの紹介に実績が豊富な看護師求人サイトを紹介していますので、是非ご利用ください。

夜勤専従看護師バイトに強い看護師求人サイト

MC─ナースネット

 

看護師のアルバイト紹介では実績のあるMCナースネット、夜勤専従看護師バイト紹介でも実績が豊富で、高時給の求人が多く、条件面、職場を絞って探す方は、是非ご利用頂きたい看護師求人サイトです。

 

夜勤専従看護師求人以外にもツアーナースや健診看護師バイトなど、看護師バイトとして人気の仕事に強く、登録者、利用者も満足度が高いサービスです。
夜勤専従看護師バイト募集の時給、報酬に幅は大きく、希望する時給や条件の仕事を探すには、より多くの情報、求人を入手する方法がおすすめです。
ナースフルでは探せない夜勤専従看護師バイトや好条件の派遣看護師紹介なども可能ですので、求人探しの幅が広くなりますよ!

 

MC─ナースネットの詳細・無料登録

 


 

ナース人材バンク

 

夜勤専従看護師求人、夜勤専従看護師バイトの紹介に実績が豊富で、看護師求人サイトの中では、知名度、認知度も高く安心してご利用頂けるサービスの1つがナース人材バンク

 

保有求人数、登録者数も多く、登録者しか見ることが出来ない非公開求人も多いので好条件、好待遇の看護師求人が豊富です。
登録後の対応も早く、サポートしてくれるコンサルトさんの知識も豊富なので、夜勤専従看護師などの働き方にもたくさんの提案を聞くことが出来ます。
まずは、豊富な求人数のナース人材バンクで、たくさんの夜勤専従看護師バイト求人を入手してください。

 

ナース人材バンクの詳細・無料登録

 


こんな方に夜勤専従看護師バイトはおすすめ

夜勤専従看護師と言えば、救急病院など仕事内容的にも過酷な印象が有りますね!
実際、夜勤の看護師の職場は、看護師数もぎりぎりの人数での仕事も多く、看護師としてのスキルや経験も必要になりますね!

 

日勤の看護師の仕事とはまた違う重圧のある仕事内容も多く、夜間の患者の急変なども多いことから夜勤を嫌がる看護師さんも多いですよね!
夜勤専従看護師に限らず、常勤の看護師として働く場合、月に6〜7回が平気的ではないでしょうか?勤務時間は、16時間、17時間と長く、職場によっては、看護師の人数がぎりぎりの職場も多く、夜勤が憂鬱で転職される看護師さんも多いと聞きます。

 

しかし、夜勤だけで働く夜勤専従看護師は、報酬面や就業時間なども少なく休みが多いことなどから、夜勤専従看護師の働き方が合う方も居ますよね!
昼と夜の生活リズムが逆転することで体調を崩す方も居ますが、夜勤で働くことが合う方も居ますね!

 

夜勤専従看護師で働くことに合う方は、まずは昼夜の生活リズムが合う事が条件になると思います。以外に生活リズムで体調を崩す方も多いので注意が必要です。
生活リズムに問題のない方は、夜勤専従看護師としても働き方は魅力が有ると思います。まず、1回の勤務時間は先ほども書きましたが、16時間、17時間ありますが、翌日休日になります。
夜勤専従看護師バイトの場合ですと、16x2000=32000になりますね!
時給2000円の場合、1回の勤務の報酬は、32000円になります。10日の勤務で月に320000円になりますね!
夜勤専従の看護師の場合、月にもう少し働けると思いますが、セーブして働いたとしても上記の報酬を得られます。

 

常勤で働き働いても夜勤はあるのなら、夜勤だけで働くという選択も良いのではないでしょうか?
特に、休みの日数が欲しい方、勤務日数を減らしたい方で報酬を減らしたくない方、人間関係のお悩みの方におすすめなのが夜勤専従看護師バイトです。

夜勤専従看護師バイトで働くメリット

夜勤専従看護師や夜勤専従看護師バイトで働きメリットとして、少ない就業時間、出勤時間でも報酬、給料が大きいことですね!
2交代制の看護師の職場では、夜勤に入られる日数は、72時間ルールで4日間程度になります。72時間ルールが適用されない職場もありますが、ほとんどの病院勤務の看護師の場合、この72時間ルールで夜勤で働き時間は規制されます。
その為、夜勤だけで働ける看護師さん、夜勤専従看護師という仕事、求人募集が出てくるのですね!

 

2交代制の看護師の場合でも夜勤出勤の際の給料は、15時間から17時間勤務で3万円〜3万5千円程度あります。夜勤専従看護師バイトで働いた場合でも1回の勤務で30000円以上の報酬を得ることが出来ます。
夜勤、1日の勤務で3万円円の場合、月に夜勤を10日、10回行った場合、給料は30万円になりますね!
日給が、3万円以上の場合は、プラスになります。10日間の勤務で30万円を超える給料が頂けるのは魅力ですよね!

 

夜勤専従看護師バイトの場合、10日間以上働くことも可能ですので、給料をもっと増やしたいのであれば出勤日数を増やすことも可能です。
逆に、報酬よりも時間的な余裕が欲しい方は、出勤日数を減らすことがアルバイトなら可能なケースがほとんどです。

 

夜勤専従看護師で働くメリットとして、日給が高く少ない日数でもある程度の報酬を得られることですね!日勤と夜勤の2交代制で働くよりも時間的な余裕が得られると思います。
また、2交代制で働いていた当初は、体調、生活リズムのバランスが良くなかった方も、夜勤専従、夜勤だけで働くようになってから、体調が良くなった方、生活リズムが一定で生活が楽になったという方も多く、夜勤だから生活リズムが良くないと言われますが、2交代制の方が、日勤、夜勤の出勤で生活リズムも一定ではなく、ストレスがたまりやすい方も多いと思います。

 

夜勤専従の働き方も自分のリズムに合えば、出勤日数も少なく、人間関係も比較的、簡素化されている現場が多いので楽になる方も多いですよ!

夜勤専従看護師で働く前に

夜勤専従看護師バイトの時給

夜勤専従看護師バイトの時給は。日勤や交代制の看護師バイトよりも高額で、平均して時給2500円前後です。病院によっては科目で時給が異なることもあります。
また地域差もあるようですので、あなたが希望する地域の夜勤専従看護師バイトの時給などを調べてみることから始めることの必要かもうしれません。これは夜勤専従看護師バイトの求人紹介が可能な看護師求人サイトで知ることが可能です。
夜勤手当なども給料の手取りに大きくかかわるので、調べておきましょう!
夜勤専従看護師として働く際には、給料面、時給面、手当はしっかり調べてから始めましょう!

 

夜勤専従看護師バイトで働く日数を決めておく

夜勤専従看護師には出勤日数や就業時間の規制が有ります。
夜勤専従看護師の月の勤務時間の上限は144時間と規定されています。また1回あたりの勤務時間も12時間もしくは16時間が一般的ですね!
これに当てはめると、月に夜勤専従看護師として出勤できる日数は9回、10回程度になります。
夜勤専従看護師バイトで働く際には、この規定を超えて働くことは出来ません、この日数を超えなければ働く日数には自由度も有ります。少ない日数の出勤でも働きことが可能なのが夜勤専従看護師バイトです。

 

雇用形態を決めておく

夜勤専従看護師で働く際には、常勤勤務と非常勤勤務という働き方、雇用形態が有ります。ここでは、非常勤の夜勤専従看護師、夜勤専従看護師バイトを主に紹介しています、非常勤の夜勤専従看護師として働く際にも雇用形態がアルバイトと派遣を選ぶことが出来ます。非常勤の夜勤専従看護師の雇用形態、求人紹介で多くなっているのが派遣紹介です。
アルバイト、派遣など雇用形態の希望の考えておきましょう!